60歳以上はワイモバイルとUQ mobileのシニア割引がお得!格安で国内通話完全かけ放題!!

60歳以上の方、60歳以上の方が家族にいるなら、積極的に活用したいお薦めのキャンペーンを紹介します。

ワイモバイルとUQ mobileには、60歳以上の方を対象とする割引サービス(シニア割引)が用意されています。

シニア割引の特典は、固定電話やスマートフォンなどへ国内通話が定額でかけ放題となるオプションの月額料の割引です。割引により、月額料は、1人なら2千円台~、家族で使うなら最安1,760円~と非常に安価です。ナビダイヤル(0570)、番号案内(104)など、定額通話対象外のものもありますが、対象内ならどれだけ通話しても料金はかわりません。

データ通信3GB分も含まれているので、通話だけでなくネットサーフィンやLINE、メールなどは、もちろん使えます。

この記事のポイント
  • ワイモバイルとUQ mobileには60歳以上が対象のシニア割引がある
  • 特典は格安で国内通話かけ放題が使える
  • ワイモバイルとUQ mobileのシニア割引比較

ワイモバイル「60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン」概要

ワイモバイルのシニア割引は、「60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン」です。

60歳以上の方が、2020年2月18日からの新料金プラン「シンプルS/M/L」を契約し、通話オプション「スーパーだれとでも定額(S)」への申し込むと月額料が割引されます。

キャンペーンのポイント
  • 60歳以上は月額2,948円~で国内通話かけ放題
  • SIM単体契約可
  • 家族割(2回線目以降)適用で毎月1,188円割引

シンプルSプランだと月額2,948円、家族割(2回線目以降)適用ならわずか月額1,760円で国内通話かけ放題が使えます。

新料金プランになり、キャンペーン適用条件から機種要件が削除されたことでSIMのみの契約も可能です。SIM単体向けのキャンペーンが使えたり、自由な端末が使えたりと非常に好条件と言えます。

料金内訳

シンプルS2,178円
スーパーだれとでも定額(S)1,870円
キャンペーン割引-1,100円
合計2,948円

家族割(2回線目以降)適用の場合、毎月1,188円割引で月額1,760円とさらに安くなります。

UQ mobile「60歳以上通話割」概要

UQ mobileのシニア割引は、「60歳以上通話割」です。

60歳以上の方が、2020年2月1日からの新料金プラン「くりこしプラン」を契約し、通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」へ申し込むと月額料が割引されます。

キャンペーンのポイント
  • 60歳以上は月額2,398円~で国内通話かけ放題
  • SIM単体契約可
  • 家族割なし

くりこしプランSだと月額2,398円、家族割はありませんが一人でも安いのがUQ mobileの特徴です。

「シニア割(60歳以上)」では、適用条件に指定機種の利用がありましたが、2021年3月1日スタートの「60歳以上通話割」は、機種要件がないためSIMのみの契約が可能です。

料金内訳

くりこしプランS1,628円
かけ放題(24時間いつでも)1,870円
キャンペーン割引-1,100円
合計2,398円

ワイモバイルとUQ mobileのシニア割引比較

ワイモバイルとUQ mobileのシニア割引は、どちらも60歳以上を対象に国内通話かけ放題を低料金で提供するという点で共通していますが、基本料金プランの内容の違いにより月額料やサービス内容に差があります。

ワイモバイルとUQ mobileのシニア割引比較

 ワイモバイルUQ mobile
年齢60歳以上
機種不問
月額料
家族割なし
2,948円2,398円
月額料
家族割あり
1,760円
余ったデータ繰越なしあり
シニア向けスマホかんたんスマホ2
13,680円
BASIO4
14,400円
iPhone SE39,600円35,640円

※ 月額料の括弧は、端末の賦払金を除いた額。

ポイント1:ワイモバイルは家族割で安くなる

家族割のないUQ mobileに対し、ワイモバイルは、家族割(2回線目以降)が毎月1,188円割引と高額なため、2回線目以降になると大幅に月額料が下がります。

上の表でも確認出来ますが、ワイモバイルの月額料は、家族割なしでUQ mobileに大きく負けていますが、家族割ありになるとUQ mobileを大きく逆転します。

2回線分の月額料も比較してみます。1回線目に3GBプラン、2回線目に3GBプランにシニア割引と家族割(ワイモバイルのみ)を適用した場合です。

 ワイモバイルUQ mobile
1回線目2,178円1,628円
2回線目1,760円2,398円
合計3,938円4,026円

2回線分の月額料を比較するとワイモバイルの方が安いですが差は100円未満です。

3回線目以降は、1回線あたりの月額料がワイモバイルが990円、UQ mobileが1,628円なので回線数が増える毎に差が開きます。

ポイント2:UQ mobileは余ったデータ容量が繰り越せる

見落としがちな違いに、データ繰り越しがあります。

データ繰り越しは、料金プランの余ったデータ容量を翌月末まで繰り越して利用できるサービスです。例えば、UQ mobileのくりこしプランS(データ容量3GB)で、当月に1GB分しか使わなかったら残った2GB分が翌月末まで繰り越され、翌月は3GB+2GBの最大5GBまで使えます。

データ通信をあまり使わないなら気にする必要はありませんが、データ繰り越しのある方が使い勝手が格段に上がります。

UQ mobileは余ったデータが繰り越されますが、ワイモバイルは繰り越されません。

ポイント3:スマホ価格もチェック

シニア割引は、機種の指定がないので好きな機種が使えますが、回線と一緒にスマホも購入したいということもあると思います。お薦めは、シニア向けスマホです。

シニア向けスマホは、電話・メールなどの専用ボタンが用意されていたり、大きめの文字表示やわかりやすい文字入力画面などシニア向けにカスタマイズされているスマホです。

ワイモバイルから「かんたんスマホ2(15,840円)」、UQ mobileから「BASIO4(14,400円~)」が販売されています。2社が販売している製品の中でも低価格なので購入しやすいです。製品名は違いますが、性能はほぼ同じです。

結論:1人ならUQ mobile、家族ならワイモバイル

1人でも安いUQ mobile、家族割で安くなるワイモバイルと特徴が明確なので契約する回線数に応じて選ぶのが良さそうです。

1人で使うなら、月額料の安いUQ mobileです。データ繰り越しがあるので使い勝手もいいです。

家族(2回線以上)で使うなら断然ワイモバイルです。回線契約数に比例してお得度が増していくので3回線以上なら使わないと損です。

尚、ワイモバイルは、「SoftBank 光」「SoftBank Air」とのセット割引(毎月1,080円割引)もあるので、使っている場合には1回線目からワイモバイルです。

ワイモバイル、UQ mobileのシニア割引を選ぶメリット

最後に、日本通信とHISモバイルの格安かけ放題プランについても紹介しておきます。

日本通信は「合理的かけほプラン」、HISモバイルは「格安かけ放題プラン」というプラン名で格安かけ放題を提供しています。プラン内容は同じで、概要は次の通りです。

日本通信とHISモバイルのかけ放題プラン概要
  • データ通信3GB+国内通話かけ放題で月額2,728円
  • データ通信3GB以降は、275円/1GBの従量制(最大30GB)
  • データ通信に容量の上限を設定できるので使い過ぎの心配がない
  • SIM単体契約可
  • 通話アプリ不要
  • ドコモ回線

データ通信3GB以降の単価が少し高いのでデータ通信が多い方には向きませんが、通話の多い方なら選んで損はないプランです。ドコモ回線が使えるのも強みです。執筆時点でのデータ通信品質も悪くありません。

もちろん、60歳以上の方にもお薦めできるプランですが、ワイモバイルやUQ mobileのシニア割引を選ぶメリットもあるのでまとめておきます。

シニア割引を選ぶメリット
  • 料金が安いorほぼ同じ
  • 対面サポートが受けられる
  • 家族割が使える(ワイモバイル)
  • データ繰り越しがある(UQ mobile)

料金は、1人ならUQ mobile、家族割が使えるならワイモバイルを使う方が安く済みます。また、ワイモバイルはワイモバイルショップやソフトバンクショップ、UQ mobileは全国のUQスポット(auショップでも取り扱い予定)での対面サポートが受けられます。スマホに不慣れな方にも安心です。

一方、ドコモ回線でないというのが、ワイモバイルとUQ mobileを使うデメリットと言えるかもしれません。

60歳以上の方、家族に60歳以上の方がいる方なら、ワイモバイルとUQ mobileのシニア割引を積極的に活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました