「AQUOS sense6」「OPPO Reno5 A」のスペック、外観比較

「AQUOS sense6」「OPPO Reno5 A」のスペック、外観などの比較です。

「AQUOS sense6」「OPPO Reno5 A」の比較

スペック比較

機種名AQUOS sense6 SH-M19OPPO Reno5 A
OSAndroid 11ColorOS 11
(Android 11)
SoCSnapdragon 690 5GSnapdragon 765G
本体
サイズ
152x70x7.9-9.2mm162.0x74.6x8.2mm
重量156g182g
バッテリ4570mAh
USB PD 3.0
4000mAh
USB PD 2.0
画面6.1インチ
FHD+ 1,080x2,432
IGZO有機EL
6.5インチ
FHD+ 1080x2400
LCD液晶
内蔵
メモリ
4GB/64GB UFS 2.2
6GB/128GB UFS 2.2
6GB/128GB
外部
メモリ
microSDXC 最大1TBmicroSDXC 最大1TB
背面
カメラ
48MP F1.8 26mm
8MP F2.4 15mm
8MP F2.4 53mm
光学2倍ズーム
ProPix3
64MP F1.7
超広角 8MP F2.2
マクロ 2MP F2.4
モノクロ 2MP F2.4
前面
カメラ
8MP F2.0 26mm16MP F2.0
Wi-Fia/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.15.1
コネクタUSB Type-CUSB 2.0 Type-C
生体認証指紋(画面内)、顔認証指紋(背面)、顔
NFC対応対応
おサイフ
ケータイ
対応対応
テレビ--
耐久性IP65/IP68
MIL規格の17項目に準拠
IP68
SIMnanoSIM+eSIM DSDVnanoSIMx2+eSIM
nanoSIM(ワイモバイル)
トリプル
スロット
--
その他3.5mmオーディオジャック3.5mmオーディオジャック
発売時期2021年11月2021年6月

共にミドルレンジのスマホになりますが、SoC画面バッテリカメラなどにスペック上の違いがあります。

特質すべき違いは画面仕様です。AQUOS sense6はポピュラーなサイズの6.1インチに対し、OPPO Reno5 Aは大型6.5インチです。画面サイズに比例して本体サイズも大きくなるのでAQUOS sense6の方が携帯性は高いです。またパネルの種類も異なります。一般的に有機ELの方が高評価ですが、OPPO Reno 5Aの液晶は十分に明るく綺麗なディスプレイです。

搭載するバッテリ容量も大きく異なります。AQUOS sense6の方がバッテリ容量が多く、有機EL搭載と相まってバッテリ持ちは格段にいいです。またAQUOS sense6は多くのバッテリ容量を搭載しながらもOPPO Reno5 Aより26gも軽いです。

SoCは、Snapdragon 690 5Gはミドルクラス、Snapdragon 765GはハイミドルクラスということでSnapdragon 765Gの方が高性能ですが、性能差は大きくありません。重いゲームなどをしない限り性能差を感じることはないと思います。

カメラは、全体的にOPPO Reno5 Aの方が高性能です。AQUOS sense6は望遠、OPPO Reno5 Aはマクロと個性が別れています。AQUOS sense6の標準カメラはOPPO Reno5 Aに劣りますが十分高性能です。

共におサイフケータイ搭載、防水防塵に対応しています。AQUOS sense6はMIL規格にも対応しています。

互いに一長一短はありますが、人気シリーズということで全体的に満足度の高いスペックとなっています。

対応バンド比較

機種名/Modelネットワークバンド
AQUOS sense6 SH-M193GB1/5/8
4GB1/3/5/8/18/19/38/39/41/42
5GBn3/n28/n77/n78/n79
Reno5 A3GB1/2/4/5/6/8/19
4GB1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28/38/39/40/41
5GBn3/n28/n77/n78

共に4キャリアに対応、3キャリアのLTEプラチナバンドに対応しています。OPPO Reno5 Aはドコモの3Gバンド19に対応している分、対応範囲が広いです。

外観比較

前面

AQUOS sense6はノッチデザイン、OPPO Reno5 Aはパンチホール採用。どちらも狭ベゼルですがAQUOS sense6の方がより狭いです。

AQUOS sense6は幅70mmで普及帯のスマホとしては狭い方です。OPPO Reno5 Aは縦横共に幅があり重量もあります。

背面

OPPO Reno5 Aは背面に指紋認証が配置されています。AQUOS sense6は画面内です。

「AQUOS sense6」のメリット、デメリット

メリット:軽量でスリム、バッテリ長持ち

AQUOS sense6は、搭載するバッテリ容量の割に軽いというのが大きなメリットです。また幅70mmは普及帯スマホの中でもスリムです。幅71mmのスマホは割とありますが、1mmの差はホールドした時に小さくない違いを感じます。

大容量4570mAhと省電力な有機ELディスプレイ、シャープ独自のアイドリングストップ機能によりバッテリ持ちは非常に良いです。そこそこ使っても2~3日、あまり使わなければ1週間以上持ちます。

デメリット:画面内指紋認証の精度が若干不安

AQUOS sense6のデメリットと言うべきかわかりませんが、画面内指紋認証の精度に若干不安を感じます。

AQUOS sense6の画面内指紋認証は光学式です。光学式は、経験的に室内の使用なら問題ありませんが、野外(特に日差しの強い場所)だと認証の失敗率が高くなります。また、保護フィルムを選びます。指紋認証の他に顔認証も搭載されているので指紋認証の精度が悪いと感じたら顔認証やPINコードをお薦めします。

AQUOS senseシリーズは必要十分な性能がコンセプトのスマホなので不足を感じる部分は少ないです。唯一、シャープのスマホ全体として、カメラのソフトウェアの作り込みがもう少し向上して欲しいと個人的には感じます。

「OPPO Reno5 A」のメリット、デメリット

メリット:コスパが高い

OPPO Reno5 Aは、発売から半年経っても価格ドットコム上位をキープする人気機種なのでメリットを上げたら切りがありませんが、強いて挙げるとしたらコスパの高さです。

AQUOS sense6と比べ1ランク上のスペックながら、AQUOS sense6より価格が安いです。単体価格は3万円台中程、白ロム価格は2万円台、格安SIMなら2万円以下です。ワイモバイル版はシングルSIMなので注意してください。

デメリット:片手操作には不向きなサイズ感

OPPO Reno5 Aは、一般的なスマホより大型となる6.5インチの液晶ディスプレイを搭載しているのでボディサイズが大きく、また重量もあるので余程手が大きな人でなければ片手操作には難があります。大型ディスプレイを搭載するメリットも十分にありますが、携帯性を重視する場合には不向きです。

また高性能SoCと大画面に対しバッテリ容量がやや少なく感じます。1日は持つと思いますが、激しい使い方の場合にはモバイルバッテリーを携帯した方がいいかもしれません。AQUOS sense6と同程度か5,000mAhあれば安心ですが、容量を増やした分だけ重量も増えてしまうので難しい選択です。

「AQUOS sense6」の販路と価格

AQUOS sense6は、楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmioで販売されています。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのAQUOS sense6の価格は、4GBモデルが29,810円、6GBモデルが32,560円。MNPで14,300円割引。

OCNモバイルONEの価格概要:

  • MNP:4GB 15,510円、6GB 18,260円
  • 新規:4GB 29,810円、6GB 32,560円
  • 機種変更:4GB 実質28,710円、6GB 実質31,460円

IIJmio

IIJmioのAQUOS sense6の価格は、4GBモデルが37,800円、6GBモデルが39,800円。MNPは「ギガプラン限定スマホ大特価セール」キャンペーン割引、機種変更は5,000円分のギフト券が貰えます。

IIJmioの価格概要:

  • MNP:4GB 15,900円、6GB 17,900円
  • 新規:4GB 37,800円、6GB 39,800円
  • 機種変更:4GB 実質32,800円、6GB 実質34,800円

ギガプラン申し込みで初期費用1,650円となるキャンペーンも実施中(2022年5月31日まで)。

申込する前には必ず公式サイトの情報を確認するようお願いします。

Amazon

AmazonのAQUOS sense6の価格は、4GBモデルが約3.8万円、6GBモデルが約4.4万円です。

「OPPO Reno5 A」の販路と価格

OPPO Reno5 Aは、ワイモバイル、OCNモバイルONEで販売されています。

ワイモバイル

ワイモバイルのOPPO Reno5 Aの価格は31,680円。MNP&シンプルM/Lで最大21,600円割引。

ワイモバイルの価格概要:

  • MNP:10,080円~
  • 新規:14,800円~
  • ソフトバンク系からMNP:31,680円
  • 機種変更:18,0000円

ワイモバイルオンラインストアは事務手数料。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのOPPO Reno5 Aの価格は25,960円。MNPで14,300円割引のキャンペーン。

OCNモバイルONEの価格概要:

  • MNP:11,600円
  • 新規:25,960円
  • 機種変更:24,860円

事務手数料3,300円。

まとめ:使い方、人で変わる機種選び

AQUOS sense6は、OPPO Reno5 Aに比べると性能的に見劣りする部分がありますが、普段使いとして必要十分な性能を持つスマホです。最近のスマホの中では軽量で持ちやすく、スマホ初心者を初めとして多くの方にお薦めできます。

OPPO Reno5 Aは、ハイミドルスマホの代表的な存在だけあって高性能、高機能です。ゲームガチ勢でなければ性能的に不足を感じることはないと思います。コスパも高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました