ドコモ/au/ソフトバンクの3Gサービス終了スケジュールと影響について

ドコモの「FOMA」、auの「CDMA 1X WIN」など長年に渡り使われてきた3Gサービスですが、4G/LTEへの移行が進みサービスの終了が近づいています。

各社から発表されている終了スケジュールは次の通りです。

キャリア名サービス終了日
au2022年3月31日(木)
ソフトバンク2024年1月31日(水)
ドコモ2026年3月31日(火)

auは3Gサービスの終了が2022年3月終了と間近に迫っています。他2社に比べてもかなり早い終了となりますが、auの3Gで採用されているCDMA2000が採用国/地域の少なさから利便性が悪く、4G移行を急ぎたかったという事情があります。

ドコモは3社の中で最長の2026年3月31日で4年以上先、ソフトバンクは2社の中間くらいの2024年1月です。

3Gの契約数は、2020年12月時点で約2.8千万件とかなりの規模が残っています。ドコモが約1千万件、auが1千万件弱という発表があったので、契約数を明かしていないソフトバンクにも約1千万件の規模が残っていると推測できます。

各社は3Gの契約者に対してLTEプランへの移行を薦めているようですが、契約数を見る限り思ったより進んでいないよ印象を受けます。

ドコモauソフトバンク

3Gサービス終了による影響

3Gサービスが終了すると3G契約のプランは使えなくなります。また、3Gにしか対応していないガラケーやスマホ(iPhone 5/5c/5s他)などの端末は、WiFiなどで接続できなければモバイルサービスが利用できなくなります。

auの場合、4Gに対応していてもau VoLTEに対応していない機種は影響を受けるとされているので注意が必要です。

また、サービス終了前でも、エリアの整理などにより古い機種を使っている場合や住んでる地域によっては影響がでる可能性があるので注意が必要です。

3Gサービス終了前に早めの移行も選択肢に!

ドコモとソフトバンクは、3Gサービス終了までに期間が残されていますが、不安を抱えながら使い続けるより安心して使えるLTEプランに移行するのが得策だと思います。

FOMAプランは、無料通話料込みで月額1,000円以下とコスパの高さが魅力ですが、2021年に入り格安SIMからこれまで以上に格安な新料金プランが登場したことにより優位性が失われつつあります。

b-mobileの「みんなのプラン」、OCNモバイルONE「1GB/月コース+完全かけ放題」、HIS mobileの「格安ステップ」などが、候補としてあげられるので簡単に紹介します。

b-mobile「みんなのプラン」

b-mobileの「みんなのプラン」は、高速データ通信6GBと無料通話70分が月額1,390円で使える格安なプランです。あまったデータ量と無料通話の繰り越しはありませんが、使い勝手や料金的に非常に優れたプランです。

FOMAプランのバリュープランのタイプSSバリュー、タイプSバリュープランからの移行の選択肢になります。

タイプSSバリューの場合、維持費から約360円の追加で高速データ通信6GBが使えます。無料通話は、3ヶ月分の繰り越し分(25分×3ヵ月)に相当する70分が毎月使えます。維持費が僅かに上がりますが使い勝手は大幅に向上します。

タイプSバリューの場合、維持費から約260円安くなり高速データ通信6GBも使えます。無料通話は、繰り越し分(55分×3ヵ月)から70分に下がりますが、維持費が下がった分で約23分(3ヵ月で約69分)の通話ができるので必ずしもマイナスになるとは言えません。通話料がドコモの半額(11円/30秒)なので超過した場合も安く済みます。

OCNモバイルONE「1GB/月コース+完全かけ放題」

FOMAプランのタイプMバリュー以上のプランを使っている場合、早めにかけ放題プランに乗り換えた方がいいです。

OCNモバイルONEは、音声通話SIM「1GB/月コース」と「完全かけ放題オプション」で国内通話完全かけ放題が月額2,200円で使えます。「3GB/月コース」にしても月額2,420円です。

タイプMバリューは、月額2,750円です。高速データ通信はなく、無料通話分を使い切れば別途通話料がかかります。

OCNモバイルONEは、国内通話の完全かけ放題が月額2,200円~です。高速データ通信も使えます。SMS送信料がかかるようになりますが、国内への送信は5通まで0円/通、6通目以降3.3円/通なので差額で十分に賄えます。

改めて言いますが、FOMAプランのタイプMバリュー以上のプランを使っている場合、早めにかけ放題プランに乗り換えた方がいいです。

「完全かけ放題オプション」は、1年間1,100円のキャンペーン中です。1GB/月コースで月額1,870円、3GB/月コースで月額2,090円で使えます。

HIS mobile「格安ステッププラン」

バリュープランで無料通話分があっても全く通話しないという人には、HIS mobile「格安ステッププラン」があります。

HIS mobile「格安ステッププラン」は、音声通話SIMの1GBが月額590円、3GBが月額790円。ドコモ回線で業界最安プランです。

1GBプランはタイプSSバリューより約400円安いです。通話時間に換算すると約18分なので無料通話分の約25分より減りますが、普段全く通話しないなら無料通話分を繰り越して溜めるより月額料の安いプランを選んだ方が無駄がありません。仮に通話をすることになっても、HIS mobileは通話料が11円/30秒とドコモの半額です。通話時間が長くなっても安く通話できます。

格安ステッププランにすれば、高速データ通信1GBも使えます。外出時にスマホでちょっとした調べ事、メールチェック、地図アプリで位置情報の確認、最近ではバーコード決済の利用も増えています。1GBあれば十分です。

どのプランもFOMAプランからの移行に最適なので、気になる格安SIMがあればチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました