LINEMOの通信速度レビュー!格安でもキャリア品質の回線で快適

LINEMOは、月額990円~使えるソフトバンクの格安SIMブランドです。ミニプランの登場で気になっている人も多いと思います。

ミニプランは、すでに新規申し込みの終了したLINEモバイルユーザの受け皿ではないかと推測しますが、そういったことは全く関係なしにキャリア回線品質のデータ3GBで月額990円というのは非常に魅力的。物は試しとばかりに契約してみました。

結論を先に言うと、もう他の格安SIMはいらないんじゃないかと感じるほど快適です。

LINEMO回線速度レビュー

LINEMOの回線はいつでも快適に使える

下図は、毎時の回線速度(ダウンロード)をグラフ化にしたものです。計測日は平日です。

LINEMOの回線速度は、平日でも1日を通して安定して高速です。速度低下の起こりやすい12時台や通勤時間の8時前後、18時前後でも大幅な速度低下が見られません。

回線速度は一般的に混雑しているエリアだと遅くなる場合がありますが、LINEMOの回線は少なくとも全体的に遅くなるということはなさそうなので安心して使えます。月額990円~と格安ですが、キャリア品質の回線はさすがです。

※ 計測には10MBのファイルをダウンロードしています。一般的なスピードテストより小量のため速度が遅くなる傾向があります。参考値と思ってください。

データ量を使い切ると最大1Mbpsに制限される

規定のデータ量を使い切ると通信速度がミニプランで300kbps、スマホプランで1Mbpsに制限されます。ミニプランは300Kbpsと低くなってますが、3キャリアは128kbps、他の格安SIMは200kbpsなのでそれに比べれば速いです。

300kbpsあればそれなりに使えますが、そもそも3GBを使い切る様な使い方だと不便に感じると思います。550円/1GBで追加するか、1GBまで無料で使える楽天モバイルを予備回線として用意しておくといいと思います。

1Mbpsあれば動画視聴以外は問題なく使えます。動画視聴はSD画質(1.1Mbps)がギリギリです。音楽ストリーミングは500kbpsも使わないので問題ありません。

LINEアプリは「LINEギガフリー」でデータ量を超過しても速度制限されません。これはLINEMO最大のメリットと言えます。

LINEMOのプラン

LINEMOの料金プランは、データ量の異なる「ミニプラン」「スマホプラン」の2つです。

料金プランミニプランスマホプラン
データ量3GB20GB
月額基本料990円2,728円
LINEギガフリー対応
データ量超過後の
通信速度
300kbps1Mbps
通話料22円/30秒
通話定額5分かけ放題 月額550円(1年間は無料)
無制限の通話かけ放題 月額1,650円(1年間は1,100円)
eSIM対応
LINEギガフリー対象
プラン変更ミニプラン⇔スマホプランに変更可能
一部のキャンペーン対象外対象

ミニプランとスマホプランの違いは、データ量超過後の通信速度とキャンペーンです。LINEMO最大の特徴とも言える「LINEギガフリー」はどちらも対象です。

最大PayPayボーナス1万円相当が貰える「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」は、PayPayボーナス3,000円相当に減額されますがミニプランも対象です。

まとめ:この品質で月額990円~は破格のコスパ

LINEMOの通信回線は、ソフトバンク回線をそのまま使用していると謳われているだけあり平日昼でも20Mbpsを切ることがなく非常に快適です。

回線速度は地域差があるというのを忘れてはいけませんが、LINEMOを実際に使ってみた感じやネットの評判を見た限り余程の混雑地域でなければ快適に使えるはずです。

LINEMOはデータ3GBのミニプランが月額990円で使えます。他の格安SIMを検討するくらいならまずLINEMOを試してみる価値は十分にあると思います。

ただし、LINEMOにも欠点があります。

  • 料金プランが3GBと20GBの2種類しかない
  • 余ったデータの繰り越しがない
  • 定額通話が5分/回かけ放題
  • 割引サービスが使えるならワイモバイルの方が好条件

上記でも問題ないと思える人はLINEMOを検討してみてください。ちなみに、スマホユーザの6割程度は月間データ消費量3GB以下なので定額通話や割引サービスがクリアできればミニプランで十分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました