日本通信「合理的シンプル290プラン」使用レビュー、平日昼に速度低下はあるが使う価値は十分にある

データ通信1GBと音声通話が月額290円と格安で使える日本通信SIM「合理的シンプル290プラン」。早速契約し使ってみたのでレビューをお届けします!

「合理的シンプル290プラン」の概要

データ1GB使える音声通話が月額290円

「合理的シンプル290プラン」は、高速データ通信が1GB使える音声通話プランです。月額基本料は290円と格安で使えます。

データ通信は従量制、1GB単位で支払

高速データ通信は最大100GBまでの従量制です。最初の1GBは月額基本料に含まれていますが、1GBを超えると1GBあたり220円の料金がかかります。2GBまでなら月額510円、3GBまでなら月額730円といった感じになります。

上限値が設定できるので従量制でも使い過ぎの心配はありません。デフォルトは10GBで1~100GBの間で1GB単位で設定できます。支払額は設定した上限値ではなく実際に使ったデータ量に応じた額です。上限値10GBでも2GBしか使っていなければ支払いは2GB分(+220円)です。

上限値に達するとデータ通信ができなくなります(2022年3月31日までは低速で通信可)。上限値を上げれば再びデータ通信ができるようになります。制限中でもマイページのアクセスは可能です。

通話料は11円/30秒、通話専用アプリ不要

通話料は11円/30秒、大手キャリアの半額で話せます。通話専用アプリは必要ありません。

定額通話は「70分」と「かけ放題」

定額通話は「70分定額(700円)」「国内通話かけ放題(1,600円)」の2種類があります。

70分定額と組み合わせると月額990円~、国内通話かけ放題なら月額1,890円~です。

安定のドコモ回線、人口カバー率99.9%以上

合理的シンプル290プランはドコモ回線の格安SIMです。ドコモ回線の4G/LTEネットワーク人口カバー率は99.9%以上なので人が住んでいるところならほぼ繋がります。格安SIMだからといって繋がり難いという心配はありません。

「合理的シンプル290プラン」のレビュー

申し込み~SIM到着

合理的シンプル290プランの申し込みは、日本通信SIMの公式サイトから行いました。

日本通信SIMはスターターパックが販売されていますが、執筆時点では合理的シンプル290プランの申し込みはできないようです(追記:2月24日から対応しました)。

申し込みからSIMカードの到着まで5日。土日を挟んだ関係で遅くなりましたが、平日なら2~3日で届くと思います。

SIMカードはマルチSIMです。同包のスタートガイドには開通やMNP回線切り替え手順、APN情報などが記載されています。

回線の開通/切り替え

回線の開通/切り替え手続きは、マイページから行います。

「MNP回線切り替え(新規は、SIMを開通する)」ボタンを押すと切り替え(開通)します。

切り替え(開通)に要する時間は10時~20時なら1時間以内ですが、20時~翌10時は翌11時頃までの開通となるようです。10時~20時に切り替え手続きするのが無難です。

切り替え(新規は、開通)が完了するとメールが届きます。ボタンを押してから3分くらいで届きました。

通話品質はドコモと同じ

端末にSIMカードを刺せば通話が使えます。通話品質はドコモと同等です。格安SIMだからといって通話品質が悪いということはありません。

3G通信も使えるのでドコモVoLTEに対応していない端末でも通話できます。障害や災害の時、3G通信なら繋がるということが過去にあったので使えるに越したことはありません。ちなみに、ドコモの3Gサービスの終了は2026年3月31日です。

データ通信は平日昼に低下

スタートガイドに従ってAPNを設定すればデータ通信が使えます。

気になるデータ通信速度ですが、一言で言えば一般的な格安SIMです。

下記は1時間毎に回線速度を計測しグラフ化したものです。ホームルーターと独自ツールを使い計測している関係で一般的に使われる計測ツールより速度は遅めです。傾向だけを捉えてください。

回線速度は平日12時台に大きく低下、それ以外の時間帯は十分な速度が出ています。

続いて、スマホにSIMカードを刺して平日12時台に計測した結果です。

平日12時台でもDLが8Mbps程度は出ていたのでブラウジングやメール、LINEなど軽い用途なら問題なく使えます。通信速度としては十分だと思いますがレイテンシが低かったので対戦型オンラインゲームなどには不向きです。

同地点、同時間帯の楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)はDLが26Mbps、レイテンシが10ms出ていました。楽天モバイルは1GBまで無料で使えるのでデータ用または予備回線として合理的シンプル290とセットで使うのもありです。

尚、通信品質は地域で異なります。この結果より悪い地域、良い地域があります。品質を保証するものではなく、傾向や参考値として捉えてください。

データ通信量などの変更手続はマイページから

合理的シンプル290プランのデータ通信は従量制です。上限値が設定できるので使い過ぎの心配はありませんが、デフォルトの上限値は10GBと高めです。上限値はマイページから簡単に変更できます。1GBに変更しておきました。

上限値に達するとデータ通信ができなくなりますが、同じ方法で上限値を上げれば再びデータ通信が使えるようになります。5分くらいで変更が反映される様です。

マイページでは、定額通話の変更、プラン変更(将来的に対応)などの手続きも可能です。

まとめ

「合理的シンプル290プラン」は、平日昼に通信速度が落ちますが使えない程ではなく、高速データ通信1GB、人口カバー率99.9%以上、ドコモと同等の通話品質、通話料11円/30秒を考えると月額290円は破格の安さです。

データ容量や品質を重視する人には向きませんが、通話メインの人や単純にスマホ代を安くしたいという人には非常にお薦めのプランです。

日本通信SIMはキャンペーンを実施していません。いつでも申込に最適です!

日本通信SIMのスターターパックが販売されています。2月14日から合理的シンプル290プランにも対応したみたいです。

OCNモバイルONE「500MB/月コース」、FOMAバリュープラン「タイプSSバリュー」との比較は、下記のページで説明しています。併せてチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました