シャープ、Snapdragon 695 5G搭載「AQUOS wish2」を発表 ドコモから6月下旬発売

シャープから、5G通信対応スマートフォン「AQUOS wish2」が登場。

AQUOS wish2は、AQUOS wishの外観をそのままにチップセットを従来のSnapdragon 480 5GからSnapdragon 695 5Gに変更したモデルです。シャープは、AQUOS sense4→sense5GやAQUOS sense6→sense6sでもチップセットの乗せ換えを行っており定番化しています。

変更されたSnapdragon 695 5Gは、従来のSnapdragon 480 5Gより新世代のチップセットでCPU性能が約3割、GPU性能が約2割向上しています。また、5G通信のミリ波に対応し、チップセット乗せ換えによる恩恵は大きいです。

その他のスペックは、5.7インチTFT液晶(HD+)ディスプレイ、4GB/64GB、背面13MP+前面8MPカメラ、バッテリ容量3730mAh搭載などAQUOS wishから変わりません。おサイフケータイにも対応しています。

AQUOS wish2のスペックは?AQUOS wishと比較

機種名AQUOS wish2
(国内キャリア版)
AQUOS wish
(国内キャリア版)
OSAndroid 12Android 11
SoCSnapdragon 695 5GSnapdragon 480 5G
本体
サイズ
147x71x8.9mm147x71x8.9mm
重量162g162g
バッテリ3730mAh
USB PD 3.0
3730mAh
USB PD 3.0
画面5.7インチ TFT
HD+ 720x1,520
5.7インチ TFT
HD+ 720x1,520
内蔵
メモリ
4GB/64GB UFS 2.14GB/64GB UFS 2.1
外部
メモリ
microSDXC 最大1TBmicroSDXC 最大1TB
背面
カメラ
13MP F2.013MP F2.0
前面
カメラ
8MP F2.08MP F2.0
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Bluetooth5.15.1
コネクタUSB Type-CUSB Type-C
生体認証指紋(側面)指紋(側面)
NFC対応対応
おサイフ
ケータイ
対応対応
テレビ--
耐久性IP65/IP67
MIL規格の18項目に準拠
IP65/IP67
MIL規格の18項目に準拠
SIMnanoSIM(ドコモ)nanoSIM+eSIM
トリプル
スロット
--
その他3.5mmオーディオジャック3.5mmオーディオジャック
発売時期2022年6月2022年1月

AQUOS wish2は、AQUOS wishからチップセットがSnapdragon 695 5Gにアップグレードしているのが大きな変更点です。それ以外の項目は対応SIMに違いがある程度で基本的に同じです。

AQUOS wish2の対応SIMは、eSIM非搭載でnanoSIMのみ。AQUOS wishがeSIM対応だけに残念ですが、ドコモのeSIMがAndroid非対応というドコモ特有の事情によるものと考えられます。

AQUOS wish2の販路は?

現在判明している販路は、ドコモ(6月下旬以降)のみです。

AQUOS sense6とAQUOS sense6のチップセットを変更したAQUOS sense6sを併売するau/UQ mobileの存在があるので、他キャリアからも発売される可能性もありそうです。

AQUOS wish2の価格は?

価格は不明です。

ドコモでは、arrows We F-51Bなどの低価格帯スマホが2万円台前半、AQUOS sense6 SH-54Bなどの中価格帯が5万円台で販売されています。元が低価格帯スマホのAQUOS wishなので3万円台が目安となります。

AQUOS wish2は買い?

チップセットがアップグレードしたAQUOS wish2がAQUOS wishと同価格帯で販売されるなら非常に魅力的な1台です。

AQUOS wishは、キャリア版がUQ mobileで4,180円~、SIMフリー版がIIJmioで6,980円~で購入できます。

同価格帯でなかったとしても同じチップセットを搭載するAQUOS sense6sより低価格となることが予想されます。AQUOS wish2の画面仕様やカメラ機能で十分と感じるなら、AQUOS wish2は良い選択肢になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました