「AQUOS sense6」「AQUOS sense5G」のスペック、外観比較

シャープ製「AQUOS sense6」「AQUOS sense5G」のスペック、外観などの比較です。

「AQUOS sense6」「AQUOS sense5G」の比較

スペック比較

機種名AQUOS sense6 SH-M19AQUOS sense5G SH-M17
OSAndroid 11Android 11
SoCSnapdragon 690 5GSnapdragon 690 5G
本体
サイズ
152x70x7.9-9.2mm148x71x8.9mm
重量156g178g
バッテリ4570mAh
USB PD 3.0
4570mAh
USB PD
画面6.1インチ
FHD+ 1,080x2,432
IGZO有機EL
5.8インチ
FHD+(1,080x2,280)
IGZOディスプレイ
内蔵
メモリ
4GB/64GB UFS 2.2
6GB/128GB UFS 2.2
4GB/64GB UFS 2.1
外部
メモリ
microSDXC 最大1TBmicroSDXC 最大1TB
背面
カメラ
48MP F1.8 26mm
8MP F2.4 15mm
8MP F2.4 53mm
光学2倍ズーム
ProPix3
12MP F2.0 24mm
12MP F2.4 18mm
8MP F2.4 53mm
光学2倍ズーム
ProPix2
前面
カメラ
8MP F2.0 26mm8MP 26mm F2.0
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Bluetooth5.15.1
コネクタUSB Type-CUSB Type-C
生体認証指紋(画面内)、顔認証指紋、顔認証
NFC対応対応
おサイフ
ケータイ
対応対応
テレビ--
耐久性IP65/IP68
MIL規格の17項目に準拠
IP65/IP68
MIL-STD-810Hの19項目に準拠
SIMnanoSIM+eSIM DSDVnanoSIMx2 DSDV
トリプル
スロット
--
その他3.5mmオーディオジャック3.5mmオーディオジャック
エモパー Ver 12.0
発売時期2021年11月2021年2月

AQUOS sense6とsense5Gは、共にAQUOS senseシリーズのミドルレンジスマートフォンです。発売時期で半年、シリーズ前機種がsense5Gです。

主な変更箇所は、画面、背面カメラと重量です。細かい箇所では指紋認証が物理ボタンから画面内指紋認証に変更、3.5mmイヤホンマイク端子が上部から下部に移動されています。

画面サイズが若干大きくなり、解像度も上がっています。それに伴いsense5Gに比べ縦長になっていますが、幅と厚さは減っています。また、重量が-22gと大きく減少しているところが大きな変化です。

背面カメラは、変わらず標準、超広角、望遠の3眼カメラ構成ですが、標準と超広角の2つのカメラが変更されています。標準カメラは48MP F1.8でこれまでより鮮明かつ高精細な撮影が可能となります。超広角カメラの画素数が下がりましたが画角は広くなっています。また画質エンジンがProPix2からProPix3にバージョンアップしています。

AQUOS sense6は、処理性能に大きな変化がありませんが、画面が若干大きく解像度も向上しながら重量22g減と使い勝手や携帯性が大きく増し良い進化を遂げています。バッテリは同量、おサイフケータイや生体認証、防水防塵など基本機能が引き続き実装されているので、これまでと変わらない使い方が出来そうです。

ネットワークバンド比較

機種名/Modelネットワークバンド
AQUOS sense6 SH-M193GB1/5/8
4GB1/3/5/8/18/19/38/39/41/42
5GBn3/n28/n77/n78/n79
AQUOS sense6 楽天モバイル3GB1/2/5
4GB1/2/3/5/12/17/18/19/38/39/41/42
5GBn3/n77/n78
AQUOS sense5G SH-M173GB1/2/5/6/8/19
4GB1/2/3/5/7/8/18/19/20/28/38/39/41/42
5GBn3/n28/n77/n78/n79

AQUOS sense6は、対応バンドがいくつか削られています。中でも3Gバンド19がなくなり、FOMA SIMでの運用が限定的となっています。

AQUOS sense6のSIMフリーモデルには楽天モバイル版もありますが、対応バンドが異なります。ドコモとauのLTE主要バンドに対応していますが、ソフトバンクのプラチナバンド(LTEバンド8)に非対応です。

外観比較

前面

AQUOS sense6は、縦長と4辺の狭ベゼル幅で非常にスリムな印象です。横幅と厚みが1mm減り、ホールド感が良くなっています。

3.5mmイヤホンマイク端子が上部から下部に移動されています。好みが分かれる箇所かもしれません。

背面

背面デザインは変わりません。アンテナラインが細くなったくらいです。

「AQUOS sense6」のメリット、デメリット

  • 軽量156g
  • 画面サイズと解像度アップで使い勝手向上
  • メインカメラの性能向上

AQUOS sense6の最大のメリットは、156gの重量です。最近の機種はバッテリの増量と共に重量が増加し170gを超える機種が大半なので156gは相当軽いです。軽さの割に6.1インチの大画面ディスプレイを搭載しているので使い勝手は非常にいいです。大画面で軽量な機種を求めるならAQUOS sense6は選ぶ価値があります。

メインカメラは48MP F1.8となり、これまでより鮮明かつ高解像な撮影が出来、暗所での撮影にも強くなっています。ただし、通常の撮影であれば12MPあれば十分ですし、カメラ重視で選ぶのであればカメラ機能の評価の高い他社スマホの方がお薦めします。

  • 画面内指紋認証の精度に不安

AQUOS sense6のデメリットと言う程かわかりませんが、画面内指紋認証の精度に若干不安があります。

AQUOS sense6の画面内指紋認証は光学式です。画面内指紋認証には主に光学式と超音波式が採用されていますが、光学式は超音波式に比べ「製造コストが安い」「認証速度が遅い」「認識精度が低い」という特徴があります。ミドルクラスに搭載されている画面内指紋認証はだいたい光学式なので同様の不安があります。

光学式は、経験的に室内の使用なら問題ありませんが、野外(特に日差しの強い場所)だと認証の失敗率が高いです。保護フィルムも選びます。指紋認証の他に顔認証も搭載されているので指紋認証の精度が悪いと感じたら顔認証をお薦めします。

「AQUOS sense6」の販路と価格

AQUOS sense6は、楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmioで販売されています。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのAQUOS sense6の価格は、4GBモデルが29,810円、6GBモデルが32,560円。MNPで14,300円割引。

OCNモバイルONEの価格概要:

  • MNP:4GB 15,510円、6GB 18,260円
  • 新規:4GB 29,810円、6GB 32,560円
  • 機種変更:4GB 実質28,710円、6GB 実質31,460円

IIJmio

IIJmioのAQUOS sense6の価格は、4GBモデルが37,800円、6GBモデルが39,800円。MNPは「ギガプラン限定スマホ大特価セール」キャンペーン割引、機種変更は5,000円分のギフト券が貰えます。

IIJmioの価格概要:

  • MNP:4GB 15,900円、6GB 17,900円
  • 新規:4GB 37,800円、6GB 39,800円
  • 機種変更:4GB 実質32,800円、6GB 実質34,800円

ギガプラン申し込みで初期費用1,650円となるキャンペーンも実施中(2022年5月31日まで)。

申込する前には必ず公式サイトの情報を確認するようお願いします。

Amazon

AmazonのAQUOS sense6の価格は、4GBモデルが約3.8万円、6GBモデルが約4.4万円です。

まとめ:AQUOS sense5Gから買い替えの必要性は低い

AQUOS sense6は、機種としては全部入りの軽量スマートフォンとして完成度は非常に高いです。

AQUOS sense5Gからは画面性能やカメラ機能が向上していますが、処理性能はほぼ同等ということで買い替えを検討する必要性は感じません。ただし、sense5Gは、発熱問題や再起動ループなどの不具合が多く報告されていることもあり、この場合には保証対応やsense6への機種変を検討も必要です。

AQUOS senseシリーズは、必要十分がコンセプトのスマートフォンです。AQUOS sense4で「スタミナ」、AQUOS sense6で「軽量」と順当に進化も果たし、普段使いであれば機能面や性能面で不足を感じることはまず無いと思います。興味があればチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました