「AQUOS wish」「arrows We」のスペック、外観比較

シャープ「AQUOS wish」、富士通「arrows We」のスペック、外観などの比較です。

「AQUOS wish」「arrows We」の比較

スペック比較

機種名AQUOS wisharrows We
OSAndroid 11Android 11
SoCSnapdragon 480 5GSnapdragon 480 5G
本体
サイズ
147x71x8.9mm147x71x9.4mm
重量162g172g
バッテリ3730mAh
USB PD
4000mAh
USB PD
画面5.7インチ
HD+(720x1,520)
5.7インチ
HD+(720x1,520)
内蔵
メモリ
4GB/64GB UFS 2.14GB/64GB
外部
メモリ
microSDXC 最大1TBmicroSDXC 最大1TB
背面
カメラ
13MP F2.0広角 13MP F2.2
マクロ 1.9MP F2.2
前面
カメラ
8MP F2.05MP F2.2
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Bluetooth5.15.1
USBUSB Type-CUSB Type-C
生体認証指紋(側面)指紋(背面)
NFC対応対応
おサイフ
ケータイ
対応対応
テレビ--
耐久性IP65/IP68
MIL-STD-810Hの18項目に準拠
IP65/IP68
MIL-STD-810Hの23項目に準拠
SIMnanoSIM/eSIMnanoSIM(ドコモ、au)
nanoSIM/eSIM(ソフトバンク)
トリプル
スロット
--
その他3.5mmオーディオジャック3.5mmオーディオジャック
発売時期2022年1月2021年12月

SoCにSnapdragon 480 5G搭載以外にも共通する項目の多い2機種ですが、重量バッテリ容量カメラに特徴的な違いがあります。

重量に10gと小さくない差があります。スペックや本体サイズの類似を考慮するとバッテリ容量の差によるものと考えられ、重量のほか厚みにも影響が感じられます。arrows Weはバッテリ容量が若干多い代わりに重くて厚く、AQUOS wishはバッテリ容量が若干少ない代わりに軽くて薄いのが特徴と言えます。

背面カメラは、AQUOS wishがシングルカメラ、arrows Weがデュアルカメラです。メインカメラの画素数は同じですが、AQUOS wishの方が明るいレンズなので暗所撮影に若干強いです。arrows Weはマクロレンズを追加搭載していますが、実用性より趣味性の方が強いカメラです。前面カメラは、AQUOS wishの方が高性能です。

尚、両機はキャリアモデルのみでAQUOS wishはau/UQ mobileとソフトバンク(ワイモバイル)、arrows Weは3キャリアから発売されます。対応SIMはキャリアモデルにより異なります。SIMフリーですがキャリア毎に対応バンドに違いがあります。

普段使いで考えれば同性能と考えて差し支えない程度の違いです。発売されるキャリアに注意が必要です。

2022年1月11日追記:AQUOS wishはソフトバンク(ワイモバイル)から発売と発表がありました。
2022年1月19日追記:AQUOS wishは楽天モバイルから発売と発表がありました。

対応バンド比較

機種名/Modelネットワークバンド
AQUOS wish SHG063G: 不明
4G: B1/3/8/18/19/41
5G: Bn28/n77/n78
--
docomo 3G: B1/6/19
docomo 4G: B1/3/19/21/28/42
docomo 5G: Bn78/n79/n257
au 4G: B1/3/11/18/26/28/41/42
au 5G: Bn77/n78/n257
softbank 3G: B1/8
softbank 4G: B1/3/8/11/28/41/42
softbank 5G: Bn77/n257
rakuten 4G: B3/18/26
rakuten 5G: Bn77/n257
AQUOS wish A104SH3G: B1/8
4G: B1/3/8/18/19/39/41
5G: Bn3/n28/n77/n78
--
docomo 3G: B1/6/19
docomo 4G: B1/3/19/21/28/42
docomo 5G: Bn78/n79/n257
au 4G: B1/3/11/18/26/28/41/42
au 5G: Bn77/n78/n257
softbank 3G: B1/8
softbank 4G: B1/3/8/11/28/41/42
softbank 5G: Bn77/n257
rakuten 4G: B3/18/26
rakuten 5G: Bn77/n257
arrows We F-51B3G: 不明
4G: B1/3/19/42
5G: Bn78/n79
--
docomo 3G: B1/6/19
docomo 4G: B1/3/19/21/28/42
docomo 5G: Bn78/n79/n257
au 4G: B1/3/11/18/26/28/41/42
au 5G: Bn77/n78/n257
softbank 3G: B1/8
softbank 4G: B1/3/8/11/28/41/42
softbank 5G: Bn77/n257
rakuten 4G: B3/18/26
rakuten 5G: Bn77/n257
arrows We FCG013G: 不明
4G: B1/3/18/26/28/42
5G: Bn28/n77/n28
--
docomo 3G: B1/6/19
docomo 4G: B1/3/19/21/28/42
docomo 5G: Bn78/n79/n257
au 4G: B1/3/11/18/26/28/41/42
au 5G: Bn77/n78/n257
softbank 3G: B1/8
softbank 4G: B1/3/8/11/28/41/42
softbank 5G: Bn77/n257
rakuten 4G: B3/18/26
rakuten 5G: Bn77/n257
arrows We 202F3G: B1/8
4G: B1/3/8/18/19/26
5G: Bn3/n28/n77/n78/
--
docomo 3G: B1/6/19
docomo 4G: B1/3/19/21/28/42
docomo 5G: Bn78/n79/n257
au 4G: B1/3/11/18/26/28/41/42
au 5G: Bn77/n78/n257
softbank 3G: B1/8
softbank 4G: B1/3/8/11/28/41/42
softbank 5G: Bn77/n257
rakuten 4G: B3/18/26
rakuten 5G: Bn77/n257

AQUOS wishは、3キャリアのLTEプラチナバンドに対応しています。

arrows Weは、SIMフリーですがキャリア毎に対応バンドが異なります。ソフトバンク版のみ他キャリアのLTEプラチナバンドに対応しています。他キャリアのVoLTE対応は未確認。

外観比較

前面

同型ディスプレイ搭載、縦横幅は同じ、ベゼル幅は同程度、ノッチ採用でほぼ同じデザインです。

背面

指紋認証センサーは、AQUOS wishは側面、arrows Weは背面に配置されています。

「AQUOS wish」のメリット、デメリット

メリット:軽さとカメラ性能

AQUOS wishのメリットは、軽さカメラ性能です。

近年のスマホの大画面化、バッテリの大容量化の伴い重量も増えているので、軽いというのはそれだけで大きなメリットです。その代わりとしてバッテリ容量は4000mAh未満とやや少なめですが、SoCや画面仕様を考慮すれば妥当な容量です。

背面カメラは単眼ですが、arrows Weより明るいレンズを搭載されています。マクロカメラの搭載はありませんが、普段使いで考えればメインカメラの高性能な方が使い勝手がいいです。前面カメラも高性能です。

デメリット:キャリア限定

AQUOS wishのデメリットは、キャリアが限定されていることです。arrows Weは3キャリアからの発売に対し、AQUOS wishはau/UQ mobilとワイモバイルから発売。

ただし、4キャリアのLTEプラチナバンドに対応しているのでキャリアで端末単体や白ロムを購入して使うことが可能です。

「arrows We」のメリット、デメリット

メリット:キャリア選択の多さ、バッテリ容量

arrows Weのメリットは、キャリアの選択肢の多さバッテリ容量です。

AQUOS wishはau/UQ mobileとワイモバイルから、arrows Weはドコモ/au/ソフトバンクの3キャリアから発売されます。ドコモならarrows Weの1択です。

ただし、ソフトバンク版以外は他社LTEプラチナバンドに非対応なので回線の種類を選ぶという注意点があります。

バッテリ容量がAQUOS wishより若干多い分バッテリ持ちも期待できます。大きい差ではないですが大きなメリットと言えます。

デメリット:カメラ性能がやや劣る

arrows Weのデメリットは、カメラ性能がやや劣る点です。メインカメラの画素数は同じですがAQUOS wishの方が明るいレンズを搭載しています。室内や暗所では期待通りに撮影できない可能性があります。マクロカメラが搭載されていますが実用的でなく、前面カメラは画素数で劣ります。

まとめ:性能と機能は必要十分なスマホ

AQUOS wishとarrows Weは、高性能なSnapdragon 480 5Gを搭載しているので基本性能が高く普段使いで性能不足を感じる心配はありません。またおサイフケータイ、防水防塵、指紋認証を備えているので機能面でも心強いです。ライトユーザには最適なスマホと言えます。

両機は、重量、本体サイズ(厚さ)、バッテリ容量に若干の差はありますが大きな差ではありません。どちらを選んでも使用感に差を感じないと思います。AQUOS wishはドコモからの発売がない点にだけ注意が必要です。

AQUOS wishはau/UQ mobileとワイモバイル、arrows Weは3キャリアで購入できます。価格はUQ mobileで同価格です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました