「Galaxy A51 5G」の実機レビュー、最新人気機種と同じ基礎性能で低価格!

au「Galaxy A51 5G SCG07」の白ロムを買いました。

Galaxy A51 5Gの発売は、約1年前の2020年11月上旬。auでは現行機ですが、ドコモから後継機「Galaxy A52 5G SC-53B」が発売されているので実質「型落ち」です。

型落ちですがスペックは最新人気機種と比べても遜色ありません。むしろ優れている部分もあり、実際に使ってみてもハイミドルだけあって満足度は非常に高いです。

発売当初の価格は約7万円。ドコモやauの各プログラム適用しても実質5万円弱。ハイミドルとしても割高感を感じる価格でしたが、最近はau版未使用品が2.5~3万円で大量に出回っているので逆にコスパが高い機種となっています。

「Galaxy A51 5G」のスペック

最初に、Galaxy A51 5Gのスペックを簡単に説明します。

機種名Galaxy A51 5G
OSAndroid 10
SoCSnapdragon 765G
本体
サイズ
159.2x74.1x8.7mm
重量189g
バッテリ4500mAh
USB PD 2.0
画面6.5インチ
FHD+ 1080x2400
Super AMOLED
内蔵
メモリ
6GB/128GB
外部
メモリ
microSDXC 最大1TB
背面
カメラ
48MP F2.0
超広角 12MP F2.2
マクロ 5MP F2.4
深度 5MP F2.2
前面
カメラ
32MP F2.2
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
USBUSB Type-C
生体認証指紋(画面)、顔
NFC対応
おサイフ
ケータイ
対応
テレビ-
耐久性IP68
SIMnanoSIM(ドコモ、au)
トリプル
スロット
-
その他ヘッドホン端子
発売時期2020年11月

Galaxy A51 5Gは、ミドルレンジの中でも上位となるSnapdargon 765Gを搭載するハイミドルクラスのスマホです。6.5インチ有機ELディスプレイ、メモリ6GB、IP68防水防塵、おサイフケータイ、顔/指紋認証を搭載するなど、欲しい機能は一通り揃っています。

背面カメラは標準48MP+超広角12MP+マクロ5MP+深度5MPの4眼カメラ、セルフィーは32MPと高画素なカメラが搭載とハイミドルとしても充実した内容です。

5G通信に対応していますがドコモとauのキャリアモデルのみ。SIMフリーモデルの販売はありません。

「Galaxy A51 5G」の外観

ディスプレイ面は、最小限のベゼル幅とパンチホールサイズで非常にシンプルです。ステータスバーも狭いのでコンテンツを見ていても邪魔に感じません。

背面はホログラム加工と鮮やかな光沢仕上げが印象的なデザインです。ストライプの凹凸に見えますが表面はツルツルです。周囲は丸みを帯びたなだらかなカーブ形状で大きさの割にグリップしやすいです。

「Galaxy A51 5G SCG07」のレビュー

持ちやすいけど少し大きく少し重い

個人的に持ちやすいと感じるスマホは、横幅72mm以下、重量180g以下です。カバーやケースを使うなら、それに応じて小さく軽くなります。

Galaxy A51 5Gは、横幅74.1mm、重量189gあり、どちらも超えています。手に持つだけならどちらかと言えば持ちやすいですが、片手操作するにはやや難があります。長時間持っていると腕に負担も感じてきます。

基本的に左手にスマホ、右手で操作で使っているので、スマホの大きさはそれほど気になりません。大きさや重さは使用者や使い方に依るところが多いですが、大きさの割に悪くないと思います。

まずはAndroid 10→11バージョンアップ

未使用品SIMロック解除済のau版「Galaxy A51 5G SCG07」を購入しました。初期状態はAndroid 10、セキュリティパッチレベル2021年3月1日だったので比較的新しい端末です。

最新アップデートでAndroid 11、セキュリティパッチレベル2021年9月1日に。都合3回もアップデートされたので結構時間がかかりました。

以降のレビューは、Android 11バージョンアップ後のものになります。

最新人気機種と同スペックで処理性能に不安はない

Galaxy A51 5Gは、約1年前に発売された型落ちですが、今年発売の「Pixel 5a」「OPPO Reno5 A」といった最新人気機種と同じSnapdragon 765Gを搭載しています。メモリも同容量のLPDDR4 6GBを搭載しているので基本的な処理性能は同等なので不安はありません。

今のところ使っていて処理の遅さを感じたケースはなく、アプリの起動、文字の入力、動画再生、何をするにも快適です。最新のハイエンドモデルと比べれば描画やスクロールの速さ、引っ掛かりで差を感じますが、比べなければ全く気にならないレベルです。

スマホゲームはウマ娘しかやりませんが快適にプレイできます。これだけ快適に使えるならハイエンドはもういいかもしれないと感じます。

メモリ、ストレージ共に空きは十分

メモリは6GB搭載で起動直後は2.6GBの空きがあります。しばらく使っていても1GBくらいしか増えないので余裕があります。使っていないアプリを停止してメモリの空き容量を確保する機能がありますが、これだけ余裕があれば必要ないと思います。

ストレージは128GB搭載で約100GBの空があります。SDカードが増設できるので容量不足に陥ることは恐らくないと思います。

色鮮やかで高精細、日光下でもよく見えるディスプレイ

Galaxy A51 5Gは、色鮮やかで高精細な有機ELディスプレイを搭載しています。

ブラウジングや動画再生、ゲームなど何でも綺麗に表示されますが、特にディスプレイの良さを一番感じたのは写真撮影の時です。

被写体がディスプレイにとても綺麗に表示されるので良い写真が撮れるだろう期待させられます。また、日光下でもよく見えるので撮影時には非常に重宝です。撮った写真はイマイチでも表示はとても綺麗です・・・。

カメラは自然な仕上がり、マクロカメラが面白い

Galaxy A51 5Gは、Galaxyシリーズ初となるマクロレンズを含む4眼カメラ搭載です。

カメラ構成は、48MPの広角(F2.0)、12MPの超広角(F2.2)、5MPのマクロ(F2.4)、5MPの深度測位カメラ(F2.2)です。同クラスのスマホは、8MPの超広角、2MPのマクロ、2MPの深度なので性能が高いです。

標準カメラは、色味が実際の通りでよく撮れていると思います。細部は潰れている箇所もありますが、スマホで見る分には全く問題ないレベルです。スマホのカメラとしては十分満足できる仕上がりです。

ポートレートモードは、被写体の背景をぼかした撮影が行えます。被写体は人・物に対応しています。被写体と背景の境界が上手く処理できてない部分もありますが、まずまずの作風に仕上がっていると思います。

マクロカメラは、標準カメラでは近すぎてピントが合わなかったシーンでも被写体まで寄れます。標準カメラと比べるとやや暗く色味が違う印象ですが、かなり精彩な撮影が可能です。

固定フォーカスなのか適切な距離内(3~5cm)で撮影しないとピントが全く合いません。画面でピント合わせながらの撮影となるので思い通りの撮影をするには少し手間がかかります。被写体が動くものだと撮影はかなり難易度が高いです。

カメラは自然な仕上がりなのでスナップ撮影なら十分に満足できる性能だと思います。起動も速いので思った時にすぐ撮影できます。光学式手ブレ補正がないので暗所撮影は苦手です。

バッテリ持ちは改善?すごく持ちます

実際に使ってみると4,500mAh相応というか、バッテリ持ちに不安を感じることはありません。

大容量バッテリー搭載の割に持ちが悪いという評価をいくつか確認できましたが、大半のレビューは発売当初のものです。もしかしたら、その後のアップデートやAndroid 11バージョンアップで改善したのかもしれません。

放置していても極端に減っていることもなく、ウマ娘をプレイしていても減りが激しいと感じることもありません。よく使う人でも1日、そうでないなら数日~1週間くらい持つと思います。

全てを台無しにするモノラルスピーカー

Galaxy A51 5Gを使っていて唯一残念と感じる部分はスピーカーです。

スピーカーは、大音量でも音割れすことなく音質はクリアでそれなりにしっかり出ます。しかしながら、やはりモノラルスピーカーなので音の広がりはなく全体的に物足りなさを感じます。

Galaxy A51 5Gは、大画面6.5インチ有機ELディスプレイ搭載で動画鑑賞に適した端末ですが、下部スピーカーからしか音が出ないので聞こえ方に違和感がありイマイチ動画に没入できません。

一応、イヤホンジャック搭載なのでイヤホンやヘッドホンを使えば問題は解決しますが、このあたりは使う人の用途・環境を選ぶかもしれません。

後継機「Galaxy A52 5G SC-53B」は、ステレオスピーカーに改善されています。そういう点でもGalaxy A51 5Gのモノラルスピーカーは非常に残念です。

指紋認証が失敗が多い

Galaxy A51 5Gは、ディスプレイ内指紋認証センサーを搭載していますが、認証が遅くよく失敗します。特に野外での失敗が多いと感じます。

Galaxy A51 5Gには、光学式の指紋認証センサーが搭載されています。光学式は、超音波式に比べ「製造コストが安い」「認証速度が遅い」「認識精度が低い」という特徴があります。

Galaxy A51 5Gの指紋認証センサーも特徴通り、認証速度が遅く制度が悪いです。認証には1秒くらい必要です。また、野外での認証失敗率が高く、5回失敗して30秒間指紋認証がロックされることが度々あります。指紋認証がロックされても待たずにPINが使えるので困ることはないですがなかなか酷い精度です。

ゆっくりしっかり指を置けば認証されるので慣れれば気にならなくなるかもしれません。とりあず2-3回試せば認証は通るし、気に入らなければ顔認証やPINを代用できるので大した問題ではありません。モノラルスピーカーに比べれば本当に可愛いものです。

「Galaxy A51 5G SCG07」で使えるSIM

Galaxy A51 5G SCG07は、auキャリアモデルです。対応バンドは、

3G: B1
4G: B1/3/18/28/42
5G: Bn77/n78

SIMロック解除してあるので回線の種類を気にせず使えますが、相性がいいのはau回線です。au、UQ mobilepovoBIGLOBEモバイル(タイプA)IIJmio(タイプA)などです。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)は、楽天回線とパートナー回線のどちらにも対応しています。一部使えない機能がありますが無難に使えます。自分は楽天モバイルのSIMカードで使っています。5G通信に対応していますが楽天5Gは使えませんでした。

ドコモ4Gに4バンド、ソフトバンク4Gに4バンド対応していますが、プラチナバンドに対応していません。使えないことはないですが限定的なのでお薦めはしません。

Galaxy A51 5Gのレビューまとめ

Galaxy A51 5Gは、ハイミドルだけあって満足度の高いスマホです。

余裕ある処理性能、日常的に使いやすいカメラ、しっかり使っても不安のないバッテリ持ち、使うと手放せないおサイフケータイ、安心の防水防塵など、欲しい機能は一通り揃っています。一応5G通信にも対応しています。

価格は発売当初と違い今ならau版が2万円台後半です。同スペックの最新人気機種より安く買えるのでコスパが高いです。メインにもサブにもお薦めです。

キャリアモデルというところがネックになりますが、UQ mobile、povo、BIGLOBEモバイルなどのau回線の格安SIMが使えるので選択肢は割とあります。楽天モバイルも使えますが、パートナー回線に繋がりやすいというところだけ注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました